動物

北海道クマ出没!もし出会ったら?出会う前にこう対策しよう

こんにちはー。lovelyです。(^^)/

春が来て雪が解けてきました。ふきのとうが芽を出しています。

クマが冬眠から目を覚ます時期です。ここ北海道でもクマが出現するとニュースで報道されます。

なぜ、クマは怖い存在なのでしょうか?ちょっと調べてみました。

ラブリー♪
ラブリー♪
クマと出会いたくないよー

 

冬眠明けで小グマを連れている母グマは怖い

 

 

 

 

 

 

春になり暖かくなり始めると、クマはエサを求めて人里までやってきます。冬眠明けで子グマを連れている母グマは特に怖いのです。

母グマは子を守るために、近くにいるものすべて的とみなします。

日本列島にはクマは2種類いて、ツキノワグマ、ヒグマがいます。北海道ではヒグマが現れます。全長は2.0~3mくらいで、大きいと500kgもあると言われ、体も大きく力も強いため危険とされています。

平均寿命は20~30年です。意外と長生きですね。

これからはキャンプや山菜取りに行かれる方は注意が必要です。クマは能力が高い、聴力、嗅覚が鋭く、40km以上速く走れます。また急な斜面を登れたりなど運動能力が非常に高いのです。




クマが人里に現れる原因

⓵山にエサとなる木の実がなくなった。

人の手によってエサとなる、木の実のなる木が切られて、山にエサがなくなり、人里にエサを求めてくるようになった。

⓶人が出したごみを食べ、味を覚えていた。

学習能力が高く、登山家の食べ残しや人里のごみを食べたクマが、人の近くにあることを学習してしまった。

⓷狩猟の機会が減少し、人に対して恐れなくなった。

神奈川県など一部の自治体でクマを保護されているので、捕獲されることが減った。

 

北海道では、クマが危ない場合すぐ駆除されますけど、保護してる地域があることに驚きました。何かあったからでは遅いのではないかと思いました。




自分の身を守る為に

 

 

 

 

 

 

鈴をつけるなど、大きな音を立てるといいといいますね。

クマとは会わないようにするのが大切ですが、もし出会ったしまったら・・・

♪ ある日~ 森の中、 クマさんに 出会った

なんで歌があるけど、現実は・・・ ブルブル、ガクガク・・・

刺激をしない。追い払おうをして大きな声を出したり、石を投げたりするのは逆効果です。体を大きく見せじっと見る。のが、いいそうですよ。間違っても走って逃げてはダメです。すぐに追いつかれますからね。

でも、女性のような体の小さい人は意味ないような気が…

死んだふりなんて、もちろん論外ですよ。自殺行為です。




まとめ

クマのいる森に行くべきじゃないと思います。

よく、お年寄りの方が山菜を採りに行ったり、登山に行ったりしてますけど、帰ってこないなんてニュースを見ると、心配になります。

まぁ、人間がこんな風にしてしまったから悪いのだけど、森を元に戻すことが大事ですね。そうすれば、クマも食べ物があれば人里まで来なくなるのですから。

 

ラブリー♪
ラブリー♪
よかったらフォロー(@LovelyYoucocoaしてね

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。