雑記

8050問題を考える。引きこもりとこれからの老後暮らしについて

こんにちはー。 lovely(@LovelyYoucocoa)です。(^-^)

最近のニュースの8050問題。引きこもりは深刻な問題になってますね。

そして自分の老後、まだまだ先だと思っていませんか?

8050問題とは

ひきこもりの長期化、高齢化から引き起こされる社会問題。

主に50年代前後の引きこもりの子どもを80年代前後の親が養っている状態を指し、

経済難からくる生活の困窮や当事者の社会的孤立、病気や介護といった問題によって

親子共倒れになるリスクが指摘されています。

 

札幌の住宅の事件

今年1月札幌で2人暮らしの90年代の母親と60代の息子が古びた一軒家で遺体で見つかりました。

玄関にたまった新聞に、配達員が気付いたのがきっかけでした。

認知症の母親を長年1人で介護した息子は、母の死後、人知れず病死してしまいました。

室内には弁当のごみや酒の空き缶などが大量に散乱していたといいます。

 

ひきこもり問題

ひきこもりといえば、10代~20代の若者というイメージだけど、今は高齢化の引きこもりが問題となっています。

ひきこもりは全国で約54万人いると言われ(15歳~39歳)

40歳以上を合わせたら推計100万人以上いると言われています。

恐ろしい…。(2018年調べ)

確かに、10代で引きこもりになってしまい、それが治らなかったら?

年を取っていくでしょう。

私も人の事が言えない。引きこもりだし…。

夫に食べさせてもらえなかったら、どうなっているのだろうかと思う。

人間関係が苦手。近所の人と会うのも嫌だし、病気のせいで仕事も出来ない。

病気で引きこもりになってしまった人はすごくつらい思いをしてる人が

多いかもしれません。その気持ちわかります。

最初は親に頼っても、いつかは死んでしまう。

この先どうやって生きていけばいいのでしょうか?これは問題でしょうね。

都道府県の政令指定都市には「引きこもり地域支援センター」というものがあります。

ぜひ相談しましょう。

 

なぜ引きこもりになったのか?

■職場になじめなかった

■病気

■就職活動がうまくいかなかった

■不登校

■人間関係がうまくいかなかった

などがあげられます。

メンタルが弱い人が多いですね。私もその1人です。

 

引きこもりができる職業

引きこもりでも、やはり社会にでなくては。と思ってる方も多いと思います。

できる職業は限られてきますが、ちょっと紹介します。

 

■転売・せどり
不用品を売ったり、安く買った商品を適正金額で欲しい人に販売することです。
yahoo!オークションも有名ですよね。

 

■記事制作・ライティング
文章でお金を稼ぎます。家にいながらパソコンで情報を探し記事を書くことが出来ますよ。

 

■ハンドメイド
物作りが得意ならやってみましょう。アクセサリーから洋服作りまでいろいろあります。

 

■ブロガー、アフィリエイター
ブログを書いて稼ぐ。なれたらアドセンスやアフィリエイトで収入を得る。
すぐには結果が出ませんが、やってみる価値はあると思います。

 

 

ここまでは家で出来る仕事を紹介しました。

次は外で働ける仕事です。

 

■ラブホテル
聞いた話ですが、始め、え!? と思ったんです。

でも、引きこもりの人にもあうといいます。

ラブホテルで働くといくことは、部屋をきれいに掃除して

元に戻すこと。その繰り返しです。

勤務時間は日勤、夜勤とあり、夜勤であれば、時給が高く

仕事はしんどいかもしれないけど、人にあまり会いたくなくて、

深夜の生活にも慣れている引きこもりには向いている仕事だといいます。

ちょっと意外でしたが、いいかも知れません。

ひっそりと仕事ができること、人間関係も鬱陶しくないかも知れませんね。

 

 

自分の老後について

40代になってから自分の老後の事を考えるようになりました。

エンディングノートも買ったし、

エンディングノートとは…人生の終盤におこりうる万一の事態に備えて、治療や介護、葬儀などについての自分の希望や、家族への伝言、連絡すべき知人のリストなどを記しておくノートのこと。

亡くなってからの手続きとか書いた本も買ったし、ちょっと勉強しました。

案外わかってないのが、夫の通帳、カードですね。

夫の貯金知りません。オーマイガー!

もし、夫が先に亡くなったら、泣くけど、その他にやらなきゃいけないことがたくさんあります。

考えたくないけど、でもやっぱり夫婦で話合うべきなんですよねー。

私もカード支払いがあるとか、パソコンにいっぱい登録してるのでそれを解除してもらいたいとか、夫にやってもらいたいこといっぱいあります。

自分が死んだときにブログがそのままだったらどうしますか?

1番はパソコン関係が心配かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

私が夫に先立たれて1人になったときも心配です。

私も亡くなったら…。

子どもがいないので、兄妹に頼るしかないでしょう。そうゆうことを考えると

やっぱ子どもいた方がよかったのかなー。なんて考えるんですよね。

でも、無理だったし。しょうがありません。

まとめ

自分や親の老後のことを考えるのってとっても大事なことです。

だから今を大事に生きたいですね。

引きこもりは大変な問題ですが、自立できるように頑張ってほしいです。

自分一人で悩まないこと。

自分一人だけじゃないんだよ。ってこと。

わかってほしいです。

私も頑張りたいけど、本当に人間関係が苦手…。

でもちょっとずつ、頑張りたいです。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

【新常識】冬の乾燥対策 お手入れ方法はこれです。こんにちはー。lovelyです。(@LovelyYoucocoa)です。(^-^) 今の季節ってカッサカサになりますよねー。 ...